スタッフ紹介


院長
武部 祐一郎
yuichiro takebe

趣味:音楽・映画・読書
現在、1歳の娘の育児奮闘中。育パパ修行中です。

ごあいさつ

「目の前にいる人、ひとりひとりを幸せにする。」
・・・そうあり続けたいと思っています。
当院は、関りを持つ全ての人が幸福な笑顔になれる歯科医院を目指しております。
治療においては日々の研鑽に努め、科学的根拠に基づいた歯科医療(Evidence-Based Medicine)を提供します。
これまで身につけた、そして、これから医学の発展と共に身につけるであろう知識と技術の中から、個々の患者さんの状態を正確に把握し、最善の(私自身の家族に行いたいと思う)治療法を提案していきます。
口腔は身体を作る栄養がまず、第一に通過する大切な臓器です。
歯や歯茎だけを診るのではなく、全身状態、口腔粘膜や骨の状態など、多角的な視点から病態を見極め、口の中の健康のみならず、全身の健康にまで寄与できる歯科医療を提供して参ります。
何か気になる事がある場合にはお気軽にご相談ください。

【経歴】

1982年
坂出市生まれ
2000年
香川県大手前高校卒
2006年
日本歯科大学歯学部卒
2007年
岡山大学病院卒後臨床研修センター 入局
2008年
岡山大学病院卒後臨床研修センター 退局
2009年
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科顎顔面外科学分野 入学 岡山大学大学院入学
2013年
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科顎顔面外科学分野 卒業   博士号【歯学】取得
2013年
岡山大学医歯薬学総合研究科口腔病理学分野 勤務 助教 医局長
2017年
医療法人 しらい歯科クリニック 勤務
2018年
空と海の歯科クリニック 開院

【所属学会等】

日本口腔外科学会認定医
歯科医師臨床研修指導医
産業歯科医師
日本糖尿病協会歯科医師登録医
NPO 法人口腔がん早期発見ネットワーク会員
Biofunctional Prosthetic System Denture(BPS 義歯)認定医
香川県歯科医師会会員
善通寺市歯科医師会会員
岡山歯学会会員
日本口腔外科学会会員
日本臨床細胞学会会員
歯科基礎医学会会員
硬組織再生生物学会会員
アンチエイジング学会会員

【学会発表】

上顎腫瘍
第22回日本臨床口腔病理学会2011年8月 福岡

歯原性粘液線維腫におけるCCN2の発現とその役割
第10回日本再生歯科医学会学術大会・総会2012年09月 神戸

悪性腫瘍における血球系細胞の関与について―GFP骨髄移植マウスを用いた組織学的解析
第66回日本口腔科学会 2012年5月 広島

エナメル上皮腫の産生するCCN2は腫瘍間質の性状を規定する
第21回硬組織再生生物学会2012年8月 名古屋

腫瘍の微小環境形成における骨髄由来細胞の動態
第102回口腔病理学会総会2013年06月 札幌

エナメル上皮腫における腫瘍実質と間質間の関係
第24回口腔臨床病理学会総会・学術大会2013年08月 御茶ノ水

硬組織形成過程における細胞外微小環境としてのハニカムβ‐TCP
第58回日本口腔外科学会総会・学術大会2013年10月 幕張

エナメル上皮腫におけるCCN2の発現解析
第103回日本病理学会総会2014年4月 広島

口腔扁平上皮癌における1p36領域のLOH解析およびRIZ1発現の検討
第103回日本病理学会総会2014年4月 広島

DKK3の頭頸部扁平上皮癌における発現の検討
第25回日本臨床口腔病理学会 総会・学術集会2014年8月 新潟

エナメル上皮腫におけるCCN2およびYAPの局在とその役割
第32回岡山歯学会2014年10月 岡山

歯原性粘液線維腫から明らかとなった新たなCCN2の役割
第66回日本口腔科学会 2014年5月 広島

Analyze of variation of the tumor stroma by ameloblastoma cells.
General conference of Society of Hard Tissue Biology Announcement, 2014,August,
Taichung

LOH analysis in 1p36 region and the immunohistochemical analysis of RIZ1 expression in oral squamous cell carcinoma

General conference of Society of Hard Tissue Biology Announcement,2014年8月Taichung

【論文】

口腔癌切除後の創部に対してポリグリコール酸フェルトとフィブリン糊を併用した被覆法の使用経験,岡山歯学会雑誌,第29巻第2号107-112,2010年,12月.

エナメル上皮腫における成長因子の発現と腫瘍間質の性状に関する検討.
岡山歯学会雑誌,第32巻,第1号, 2013年,6月

超音波内視鏡下穿刺吸引術 (EUS-FNA) で得られた gangliocytic paraganglioma の細胞像の検討, 日本臨床細胞学会雑誌(Web) 巻:55 号:6 ページ:376‐381(J‐STAGE)

口腔扁平上皮癌骨微小環境におけるヘッジホッグシグナルの関与, 口腔組織培養学会誌 巻:25 号:1 ページ:39-40,2016年01月21日

Establishment of odontoblastic cells, which indicate odontoblast features both in vivo and in vitro.,Oral Sci Int,vol42,p799-p806,2013,November

Expression and roles of CCN2 in dental mesenchymal cells in primary culture-With findings in a case of odontogenic myxofibromaOral Sci Int,vol.11,p8-p14,2014,January

A case of adenoid cystic carcinoma associated with IgG4-related disease.,
Int J Surg Case Rep, 2015;10:12-6. doi: 10.1016/j.ijscr.2015.01.022. 2015 Jan 15.
PMID: 25781921

Nasopalatine duct cyst associated with dental implant treatment:A case report
Oral and Maxillofacial Surgery Cases 1 , 20 July 2015 (2015) 38–41

Parenchyma-stromal interactions induce fibrosis by secreting CCN2 and promote osteoclastogenesis by stimulating RANKL and CD68 through activated TGF-β/BMP4 in ameloblastoma.:J Oral Pathol Med. 2017 Jan;46(1):67-75. doi: 10.1111/jop.12467. Epub 2016 Jun 21.

【特別講演、シンポジウム 執筆活動等】

北海道大学「エナメル上皮腫におけるCCN2の発現と解析」2014年12月

老人保健施設 楽陽 講演「聞いて得するお口の話」2015年9月

四国新聞隔月コラム「快口一番 健康のすすめ」全14回 連載開始 2015年10月~2016年12月 

坂出市民公開講座「あなたの歯 なんでも噛んで 食べられる 目指そうみんなで8020」
2015年12月

坂出ロータリークラブ 講和「聞いて得する口腔がんの話」2016年12月