小児歯科

小さなお子さまも安心して治療を受けられます

リラックスして治療を受けていただきます

お子様はとってもデリケート。時には泣いてしまうお子さんもいらっしゃいます。小児歯科は、その小さな心にも、しっかりと配慮することが必要です。歯医者を嫌いになってしまうと、痛くなるまでむし歯を我慢してしまい、大切な歯を失うことに繋がりかねません。
また、子どもの歯は大人の歯とまったく違います。将来の事まで考えた治療を行っていかなければなりません。

お子さまがお口の中に興味を持つように進めます

歯科はこれまで、「治療のために行くところ」でしたが、現在では「予防ために行くところ」という認識に変わってきています。空と海の歯科クリニックでは、「子どもの歯を護る」という方針で小児歯科治療を行なっております。小児歯科をお探しの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

乳歯のむし歯と歯並びの関係

乳歯は6歳頃になると永久歯に生え変わり始めます。でも、むし歯になってしまったらしっかり治療が必要です。乳歯がむし歯になると、後から生えてくる永久歯まで歯ならびが悪くなったり、むし歯になったりすることもあります。

「乳歯がむし歯になる」⇒「咀嚼不足になる」⇒「あごがしっかり発育しない」⇒「永久歯が生えるスペースが狭い」⇒⇒⇒「永久歯がキレイに生えてこない」
ということになりかねません。歯並びが悪くなると、見た目も良くありませんし、歯みがきがしにくい、むし歯になりやすいなど、さまざまな弊害が出てきます。

さらに、歯並びの悪さは頭痛や腰痛など、全身に影響が出る場合もあるので注意が必要です。
もし、お子様がむし歯になってしまったら、お父さまやお母さまの出番です。いつでもサポートできるように、お子さまの歯を気にかけてあげてください。