ドライマウス外来

口の中の乾きの症状を改善してむし歯や歯周病の予防

ドライマウスとは

ドライマウス (口腔乾燥症)とは、唾液の量が減少することによって起こるお口の中の乾燥感です。
ドライマウスになると、口の中が乾いて「ものが食べにくい」「話しにくい」「飲み込みにくい」「口臭が気になる」など、さまざまな症状が起こり、日常生活に不便を感じるようになります。現在ドライマウスの症状を持つ方は日本国内で800万人程度と推定され、眼に現れる乾燥症の「ドライアイ」同様に症状を訴えられて来院する人が年々増えています。

こんな症状がある場合には、ご相談ください

ドライマウスの原因として挙げられるのは現代人に多いストレスや不規則な食生活薬物の副作用が原因であるとされています。
軽度では主に口の中のネバネバ感、むし歯、歯垢や舌帯の増加、口臭。重度になると、口腔内の乾きが進行すると、強い口臭、舌表面がひび割れ、割れた舌の痛み(舌痛症)、食事がとれない摂食障害、しゃべりづらいなどの発音障害も現れます。
場合によっては不眠を起こすこともあります。

  • 0〜1 ドライマウスの心配なし。
  • 2〜3 ドライマウス予備軍です。
  • 4〜6 ドライマウスの治療対象のレベルです。
  • 7〜10 ドライマウスの治療対象のレベルです。

こんな症状がある場合には、ご相談ください

ドライマウスの原因として挙げられるのは現代人に多いストレスや不規則な食生活薬物の副作用が原因であるとされています。
軽度では主に口の中のネバネバ感、むし歯、歯垢や舌帯の増加、口臭。重度になると、口腔内の乾きが進行すると、強い口臭、舌表面がひび割れ、割れた舌の痛み(舌痛症)、食事がとれない摂食障害、しゃべりづらいなどの発音障害も現れます。
場合によっては不眠を起こすこともあります。

年齢によるもの:
加齢により唾液の分泌が低下します。
薬の副作用:
高血圧やアレルギーの薬、抗うつ薬、鎮痛剤、抗がん剤、抗パーキンソン薬などの薬の副作用で唾液の分泌が抑制されます。
口呼吸:
鼻に何らかの疾患があり、口呼吸をすることにより唾液が蒸発することで口が渇きます。
病気によるもの:
脱水、糖尿病、唾液腺の病気、シェーグレン症候群
放射線によるもの:
がん治療に用いられる放射線の副作用【唾液腺の破壊】、更年期障害
*自己免疫の異常(自己免疫疾患)が原因のものとしてはシェーグレン症候群が挙げられ、内科と連携した治療が必要となります。

ドライマウスを放置しておくと、お口の自浄作用が弱まり、むし歯、歯周病になりやすくなり、口臭の原因となる場合もありますので、早めに治療を開始しましょう。

当院では、検査を行ってドライマウスの原因を探り、患者さまとのカウンセリングを行って、お悩みの症状の改善を図って参ります。ぜひお早めにご相談ください。